自由記事 昔からある花粉症対策用のアイテムが感染予防には役立つ

スポンサーリンク
昔から花粉症の人で、特に花粉の飛散している日には目が痒くなったり痛くなったりする人の中には、目をガードする専用の眼鏡を持っている人は多いと思います。

この花粉ガードメガネは、眼鏡をしているその上からでも付けられるタイプもあるので、是非ドラッグストアなどで探してみてくださいね。

このガードメガネは実は、新型コロナの飛沫対策にも使えそうなので、目からの感染を防ぎたい人は花粉を防御する商品が置いてある棚などを見に行ってみると良さそうです。

スポンサーリンク

時々医療関係者の人が感染してしまうパターンの一つに、身体全体は完全防御な防護服を着ていたのに、目だけは何も付けていなくて、目の粘膜から感染してしまうパターンが割と多いのです。

普通の人でも眼鏡をしている人の方がある程度の飛沫は防げるそうですが、正面以外の横からだったり下からなどの別の角度から飛沫が侵入してくる可能性は否定できないので、そんな時の為に飛沫ガードメガネをかけておくとかなり良いでしょう。

花粉も結局似たようなもので、眼鏡をしている時は正面から来る花粉は眼鏡のレンズに阻まれて目には到達できないですが、風に乗って飛来してきた花粉ともなると、眼鏡の隙間からドンドン入って来る事になるので、それでガードメガネと言う事になるのです。

なので、飛沫も花粉もしっかり防ぎたい人は、花粉症用または飛沫用のガードメガネを使ってみてください。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク




      2021/04/21

 - 自由記事

error: Content is protected !!