自由記事 背が高いとか小さいとかの親の特徴は、遺伝じゃない場合が増えている

スポンサーリンク
中学生から高校生~大学生までずっとバレーボールをやっていた人が居るのですが、その人は女性なのに身長が180cm以上でスラリと手足が長く、同じ同級生からはモデルになれば!とよく言われていましたね。

なので当然両親も身長が大きい巨人の家かな?と思って家に遊びに行ってみた所、お父さんとお母さんの身長がそんなに高くなかったので、これは自分で気付いて努力して身長を伸ばしたかな?と思った感じです。

昔は、両親の身体の特徴は子供に遺伝して親と似た様な体型になりやすいと言われてきましたが、近年はその傾向もあるが実際は子供が成長する過程で何を食べて来たか?とか、どんな運動をして来たかによって親の体型を引き継がない可能性の方が高いと認識される様になって来ているのです。

つまり、ウチは両親とも小さいから自分も小さい大人になるのか?と悲観するのは早く、身長の伸びやすい運動をしたり身長が伸びやすい栄養素を積極的に摂るための食生活を心掛ける様にすると、親と同じ様な体型にならずに済むのです。

ただ、この事実をその子供たちが認識するタイミングが無い事が多いので、出来れば両親の方で調べたり、親とは違う体型をしている人に話を聞いたりして欲しい所ですね。

スポンサーリンク

因みに身長を伸ばす方彫王ですが、身長を確実に伸ばすには中学1年~3年の間が実は勝負で、この期間に身長を伸ばすのに効果的な運動や食生活を送らないと、両親の遺伝?的な身長で止まってしまう可能性が高くなってしまうので十分気を付けてください。

で、その運動ですが、とても簡単です。

自宅の部屋の天井に向かって垂直飛びをしてみて欲しいですね。

これが結構効果があって、中学1~高校2年頃までならかなり身長を伸ばす運動になるのでお勧めです。

あとは睡眠をしっかりとる事ですね。

睡眠している間に成長ホルモンは分泌されやすいので、身長を本気で伸ばしたい中高生は、天井に向かって垂直飛びしながら夜はしっかり眠る事をお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




      2021/04/21

 - 自由記事

error: Content is protected !!