自由記事 今年に開催する予定だった東京オリンピックは、結局中止になる様相になってきた

スポンサーリンク
まだ、一部の政治家やオリンピックの推進委員会の上の方に居る人は、今年のオリンピックの開催を信じて疑っていない人も居る様ですが、世界的な規模から見ると、どうやらオリンピックの開催はされない様な気がしています。

今の現状を鑑みていれば誰しも気付くと思いますが、今は世界規模で新型コロナが蔓延している状態で、開催予定地である日本の東京都では、毎日1000人単位の感染者が出ていた時期もあったりしていたので、開催予定の7月頃にはある程度感染者数を減らす事に成功はしているかも知れませんが、世界の他の国の人が日本に来てスポーツの祭典を楽しもう!と言う状況にはなっていないのです。

オリンピックの開催を目論んでいる人達がどうしても開催しなければならないと思っているのは、結局の所、開催させるに当たって建造した施設の代金を入場料や観戦チケット代で取り戻そうとしていたり、PRの為に大量に作ったオリンピックのマスコットキャラのグッズ等々の、開催日前から色々と活動していた費用の回収も、開催中止にすると一切戻って来なくなるばかりか損失が出る可能性がある訳です。

スポンサーリンク

なので、今は死に物狂いでオリンピックの開催を推進して行こうとしていますが、開催反対の方が圧倒的に多いのとあと新型コロナの新規感染者数がなかなか減らないので、決断を決定する日までには元の状態に戻る事は無いと思います。

一番判断を誤ったな?と感じているのが去年のオリンピックの開催を中止にした事で、去年のあの段階ならまだそんなに感染拡大もしていなくて病院が逼迫し続けている事も無かったので、去年強引に開催していた方が後々もスッキリしていたかも知れませんね。

今はまだ開催する方向で動いている様ですが、出来ればあまり開催しない方向で進んで欲しいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




      2021/04/21

 - 自由記事

error: Content is protected !!